海外の反応まとめ [スピードが速すぎる…]冨安健洋 移籍からノリッジ、バーンリー、トッテナム戦まで!

サッカー 
はじめに

こんにちは!

海外サッカー大好き、masaki–!!です!

いや~本当に富安選手の活躍ぶりはすごいですよね(笑)

ガナーズ」ファンの私からしても、アーセナルのリーグ戦3連勝は夢にも思ってみませんでした!

しかも富安選手の貢献度が大きすぎる!!!日本人としてもさらに喜びが増します😍!

そこで今回はアーセナルの富安選手の移籍からトッテナム戦までの海外の評価を集めてみました。

移籍から各試合のスタッツ、海外の反応を時系列順に紹介していきたいと思います!

それではどうぞ!!

旅の始まり [アーセナルへの移籍]

冨安健洋 選手(22)は8月31日、ボローニャから完全移籍でアーセナルへと活躍の場を移しました。

移籍金はおよそ2300万ユーロ(約30億円)

2025年6月までの4年契約で、1年間の延長オプション付きと報じられています。

背番号は18番。

そんな中、アルテタ監督

「タケヒロ(冨安)はセリエAと国際レベルで優れた経験を持つ力強いDFだ。守備能力、高い技術、ボールに対する落ち着きと多才で、彼は我々の重要なメンバーになる。代表の仕事から戻って、我々に合流する時を楽しみにしている」と期待を寄せていました。

移籍確定時、富安選手はアジアワールドカップ予選参加中)

 

伝説の始まり[アーセナル1-0ノリッジ]

9月11日、アーセナル対ノリッジの試合で合流3日の富安選手がいきなりのデビューを果たしました。

 

当時のアーセナル、ノリッジは開幕からともに3連敗で、最下位同士の対決でした。

チームへの合流が間もないのも関わらず、10回のデュエル勝利、空中戦での優位性やシュートも見せるなどデビュー戦とは思えない安定したパフォーマンスを見せていました。

<様々な評価>

  • イギリス紙[スカイスポーツ]

Takehiro Tomiyasu 7点

 

「今週はほとんどトレーニングをしていなかった日本代表選手が、上々のデビューを果たした。今後の脅威となりそうだ」とコメントしていました。

  • 試合後のアルテタ監督

「本当にポジティブだったよ。彼に会ったときの第一印象は『喜び、幸せ、良いエネルギー』だったんだ。ピッチに立った瞬間から本当に集中していて、決意を見せ、とてもよく役割を理解していた」とコメント。

  •  アーセナルのレジェンドである元イングランド代表FWのイアン・ライト氏

も「スピードが速く、安定していて、素晴らしいデビューだったと思う」と英『BBC』でコメント。

  • サポーター

<アーセナルサポ>

・一新だな。GKラムズデールと冨安の先発はめっちゃ驚きだわ。冨安は帰ってくるのが遅くて練習に1、2回しか参加してないと思ったが

・冨安はうちの4バックで頼りになる選手になるだろう、日本のアスピリクエタだ。

<エルサルバドル>

・ロナウドの復帰戦が冨安の戦によって影が薄くなるわ

<チェルシーサポ>
・アーセナルは嫌いだが、冨安には成功して欲しい。俺はアニメ中毒だから。

などの賞賛のコメント(チェルシーサポは面白い(笑))が多くありました。

期待を乗せた第2戦[バーンリー0-1アーセナル]

ノリッジ戦で素晴らしいデビューを果たした富安選手の2戦目は9月18日のバーンリー戦でした。

試合前は体格をフルに生かしたロングボールが主軸の戦術を得意とするバーンリーとの試合に富安選手を心配する声もありましたが心配ご無用!!

この試合でさらに日本代表DFの価値は高まることになりました。

引き続き右サイドバックで起用され、攻守にわたる積極的なプレー、デュエル勝利数で100パーセントをマークするなど、安定感際立つパフォーマンスを披露しました。

さらにデュエル勝利数で100パーセントをマークし、空中戦では多くの勝利を収め、11回の空中戦のうち10回を制しリーグトップの記録!

・空中戦勝率:100%
・デュエル勝率:100%
・タッチ数(最多)
・デュエル:5回
・リカバリー:5回
・クリア:5回
・空中戦:4回
・インターセプト:1回
・タックル:1回

 

<様々な評価>

  • イギリス紙[スカイスポーツ]

Takehiro Tomiyasu 7点

「今回も確かなパフォーマンスでアーセナル守備陣にバランスを与えていた」「ファンのお気に入りになった」とコメント。

  • 試合後のアルテタ監督

「4バックは本当に固かった、「冨安健洋とガブリエウは凄かった」と2人を名指ししていました。

  • サポーター

<アーセナルサポ>

・今日の彼はまさしくビーストだったよ

・全ての空中戦で勝利って、とんでもない少年だよ

・最も感銘を受けたことが、2、3回ほど守備位置がズレた時に、すぐにリカバリーしていたことだね

<中国サポ>

羨ましい…

実力は確かだな。

ベン・ホワイトが5000万なら彼は1億ユーロだよ

今夏アーセナルに移籍したベン・ホワイトの移籍金は5850万ユーロ(約70億円)富安はおよそ2300万ユーロ(約30億円)。

などポジショニングやディフェンス面でのコメントが多くありました。

伝統の一戦ノースロンドンダビー![アーセナル3-1トッテナム]

9月27日、伝統の一戦に富安選手は先発出場しました。また、この試合はトッテナムのソンフンミン選手との日韓対決としても注目されていました。

そしてこの試合でも富安選手は空中戦や攻撃面でも卓越したパフォーマンを披露することになります。

パス数はチーム3位タイとなる46本を記録(成功率80.4パーセント)。そして、ボールタッチ数はこの日も冨安がチーム最多となる67回を記録していました。チームの勝利に貢献しました。

さらに、この日も空中戦に4度勝利(勝率8割)していたそう(試合最多の空中戦勝利数はピエール・オーバメヤングの6回)。

空中戦強すぎる(笑)!

<様々な評価>

  • イギリス紙[スカイスポーツ]

Takehiro Tomiyasu 8点

「空中戦で無敵に思えるこの日本代表はまた本当に素晴らしいパフォーマンスを披露。試合ごとにテクニックにも自信をつけており、攻撃でも貢献」とコメント。

  • 試合後のアルテタ監督

「この勝利はファンのためのもの。我々がサポートを必要とした時、ファンはそこにいてくれたし、今日見た雰囲気ほど素晴らしいものはない。だから、この勝利は彼らのためのものだ、熱意、信念、仲間との繋がりを持って、全員が生き生きとプレーできるようにしなければならない。今日は、若い選手たちは熱意とエネルギーに満ちていて、ベテランな選手もいて、まさに必要な組み合わせだった」と締めました。

  • サポーター

<アーセナルサポ>

・サカと冨安はうちで一番のコンビになる気がする

・ベンホワイトと冨安はワールドクラスの能力を持っていることを垣間見せている

エメルソンはどこだ?(※ベンチ)

<マン・シティサポ>
・冨安はアーセナルにとって素晴らしい補強みたいだな

<イングランド>
・デレ・アリは何で貢献できるんだ?全く絡んでない。先週も彼に気付かなかったぞ。

<シンシナティサポ>
・冨安は攻撃にあがるのが好きで、それからうちがボールロストして右サイドががら空きに
冨安は自分のポジションに留まっておくべきだ

などのダビーならではの辛口なコメントも見られた一方でトッテナムの右サイドバック、エメルソンと比較されることも多かった印象でした。

今夏の移籍市場でトッテナムは富安を移籍候補に挙げつつもバルセロナからエメルソンを獲得
まとめ

今回はアーセナルの富安選手の移籍からトッテナム戦までの海外の評価を集めてみました。

試合を重ねるごとに富安選手の評価は間違いなく上昇しています。日本のファンダイクになる日はそう遠くないのかもしれません!

これからの試合でのますますのご活躍を願って、頑張ってもらいたいですね!

はやくアーセナルの試合見たい!!(笑)

ご精読ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました